昭和レトロ



このブログは元訪問販売員のfujigenが営業活動中に

見つけた気になる写真を公開するために開設したものです。

今回は昭和時代の懐かしい写真を特集しました。

写真素材【PIXTA】 とフォトライブラリーでも紹介されています。

  

手押しポンプ

国分寺市多喜窪公園

 

ダイハツミゼット

ダイハツ工業が1957年(昭和32年)から1972年(昭和47年)まで生産・販売していた軽自動車規格の三輪自動車です。 当初から自社一貫生産による大量生産と低価格販売を目途として開発されていました 。今でも現役です。

 

日野ルノー

日野自動車が昭和28年フランスのルノー公団と技術提携してルノー4CVの生産を開始しました。小型で小回りがよく効いたためタクシーとしても重宝され生産終了までに35,100台余りが生産されました。

 

クラッシックカー

 

手押しポンプ

手押しポンプは、手でハンドルを押し下げて水を吸い上げるポンプです。主に井戸の水を汲み上げるのに用いられ現在でも都内各所でも見られます。 但し飲用としては使われていません。

 

休憩所

 

レトロ郵便受け

古いアパートで今でも使われています。

 

レトロポスト 国立市大学通り

現在でも現役で使われています。

   

アンティーク電話機

  

アンティーク電話機

アメリカで使用されていた岩崎通信機製の電話機です。(国内使用不可)

 

アンティーク電話機

 

ピンク公衆電話機

1959年(昭和39年)に登場しました。正式名称は 特殊簡易公衆電話(とくしゅかんいこうしゅうでんわ)と呼ばれています。飲食店などの店内に店舗の運営者などが設置する公衆電話サービスです。 対応電話機の多くがピンク色であることから通称ピンク電話と呼ばれていました。

NTT601プッシュ式電話

1969年に販売されました。カラーは当初グレーのみでしたがその後レッド、グリーン、ホワイトが追加されました。

NTT601プッシュ式電話機

ダイヤルカラー電話機

色は当初黒のみでしたが、1971年(昭和46年)から「グリーン」「ウオームグレー」「アイボリー」が追加されました。カラー電話機の登場と同時期からベル音の調節ができるようになりました。そのためレンタル料金も黒電話機の月180円から230円にUPしました。底面のスリットから調整ダイヤルを動かしてベル音の強弱を調節できます。

アンティークラジオ 真空管ラジオ

東芝マツダ製の5球真空管ラジオです。今でも現役で作動しています。

アンティークラジオ 真空管ラジオ

アンティークラジオ 真空管ラジオ

アンチークラジオ

 

国産旅客機YS-11 所沢航空記念公園 

戦前の1911年開設の日本で最初の飛行場である所沢飛行場の跡地に整備されています。 現在の公園内には、航空発祥記念館や所沢市立図書館をはじめ 日本庭園・茶室「彩翔亭」、野外ステージ、テニスコート、野球場やドッグランなど、様々な施設があります。 写真は西武線航空公園駅前の光景です。

旧陸軍輸送機 所沢航空記念公園 



横浜港ベイエリア

 

横浜港ベイエリア

 

横浜港ベイエリア

 

横浜港ベイエリア

水車堀公園 日野市

日野の原風景の一部である水車小屋を復元した公園です。 所在地  日野市新町3丁目

 

小金井公園 江戸東京たてもの園

東京都小金井市の都立小金井公園内に設置された野外博物館です。

東京都墨田区にある、東京都江戸東京博物館の分館になっています。



みなとみらい地区 その3



このブログは元訪問販売員のfujigenが営業活動中に見つけた気になる写真を公開するために開設したものです。今回は「みなとみらい地区 その3」です。写真素材【PIXTA】 とフォトライブラリーでも紹介されています。

  

大型客船 ダイヤモンドプリンセス

  

観覧車 コスモワールド

    

運河 みなとみらい地区

  

 

大観覧車 コスモランド

みなとみらい地区のシンボルとしての顔を持つコスモランドの大観覧車「コスモクロック21」は、全高112.5m、定員480名の世界最大の時計機能付き大観覧車です。 約15分の空中散歩 が楽しめます。利用料金1名800円

  

桜木町駅前

1872年(明治5年)、日本で最初に鉄道が開通した時に初代の横浜駅として開業しました。その後、東海道本線の延伸に伴い「横浜駅」の名称を現在の横浜駅に譲り、1915年(大正4年)に「桜木町駅」に改称されました。また、2004年(平成16年)1月30日までは東京急行電鉄(東急)の東横線も乗り入れてその終着駅でもありましたが、翌々日の2月1日にみなとみらい線が開業したのに伴い廃止となりました。みなとみらい地区の表玄関駅です。

  

屋形船 みなとみらい地区

  

屋形船 みなとみらい地区

  

屋形船 みなとみらい地区

  

象の鼻パーク みなとみらい地区

象の鼻パークは、神奈川県横浜市中区海岸通1丁目にある公園で、横浜港発祥の地です。横浜みなとみらい21地区計画の3街区に当たります。 象の鼻波止場を明治中期の形状に復元し、横浜港開港150周年となる2009年(平成21年)に開園しました。なお、現在もさらに開発がすすめられています。

 

人力三輪車 みなとみらい地区



波止場

果実



このブログは元訪問販売員のfujigenが営業活動中に

見つけた気になる写真を公開するために

開設したものです。

今回のテーマは果実です。

写真素材【PIXTA】フォトライブラリー でも紹介されています。

  

みかん

 

ざくろ

 

どんぐり 多摩平の森

 

銀杏 多摩平の森 

 

銀杏 多摩平の森

 

銀杏 多摩平の森

 

ポポーの実 多摩平の森団地

ポポーの実

ポポーは北米原産のバンレイシ科の果実で す。 病害虫に強く、無農薬で栽培できるという事で庭木などに一時栽培が広く普及したようですが、なぜかその後すたれ、今では「幻の果実」とまでいわれています。写真はUR多摩平の森のポポーの木です。

瓜 家庭菜園

瓜 家庭菜園 

    

ゴーヤ 家庭菜園 



令和元年



このブログは元訪問販売員のfujigenが営業活動中に

見つけた気になる写真を公開するために

開設したものです。

今回は令和元年に関係する写真を特集しました。

写真素材【PIXTA】でも紹介されています。

  

令和元年 赤坂通り

昭和30年代初頭から昭和55年頃までの赤坂は銀座と並ぶ高級な繁華街として栄華を極め、高級料亭、キャバレー、ナイトクラブ、ゴーゴークラブなどが多く集まっていました。永田町に隣接しているため国会議員のお客の多いところです。ナイトクラブは韓国系の経営者が多く夜の赤坂通は韓国語が飛び交っています。露天商などもほとんど韓国系の方々がやっています。露店で売っているスポーツ新聞は日本のものとデザインや配色がまったくおなじで当初日本のスポーツ新聞と勘違いしました。本国の当日の新聞が販売されています。

  

令和元年 赤坂通り

  

令和元年 赤坂通り

  

令和元年 国会議事堂

国会議事堂は 1936年に帝国議会議事堂として東京都千代田区永田町一丁目に建設されました。 建物は左右対称形を成しており、正面に向かって左側に衆議院、右側に参議院が配置され ています。

  

令和元年 国会議事堂

  

令和元年 国会議事堂

  

令和元年 国会議事堂

  

令和元年 国会議事堂

  

国会議事堂

  

令和元年 首相官邸

日本において「官邸」という名がつく施設はこの「総理大臣官邸」だけです。 現在の官邸は2002年(平成14年)4月22日から使用されています。(建設は1999年から2002年まで行われ、2002年に旧官邸より官邸機能を移行しました。) 地上5階、地下1階の鉄骨鉄筋コンクリート構造で、震度7にも耐えられる構造になっています。最上階になる5階には内閣総理大臣、副総理(必要時に任命)、内閣官房長官、内閣官房副長官の執務室、4階には閣議室、内閣執務室、特別応接室が置かれ、この2層に執務機能が集中しています。3階は事務室と玄関ホール、2階にはレセプションホール(大小のホール)と貴賓室が設けられています。1階は記者会見室や記者クラブなど広報関係の施設があります。地階は危機管理センターとなっており内閣府へとつながっている地下トンネルがあります。



 

令和元年皇居前広場

皇居前広場は、昭和22年に国民公園となり、一般市民に公開されました。 徳川時代には、この広場一帯には老中職など幕府重臣の屋敷地が立地していました。現在の形に整備されたのは明治39年、日露戦争の凱旋記念を契機にしてのことです。 以来、戦前の時代を通じて、観兵式などの国家的式典の舞台となっていました。 年に2回催される一般参賀の際には、人々はこの広場から二重橋を渡って皇居内に入り新宮殿において 天皇のご挨拶を受けます 。

 

令和元年皇居

 

 

皇居 和田倉橋

和田倉門は1620年(元和6年)の改築で東北の諸大名により枡形が構築されました。その前にかかる橋が和田倉橋です。 皇居のお濠に架かる橋で江戸時代の「木橋」の姿が残されているのは、この「和田倉橋」と「平川橋」のみです。

 

令和元年皇居前広場

 

令和元年皇居前広場

 

法務省旧庁舎

赤れんが棟は,ドイツ人建築家ベックマンとエンデ両氏の設計により7年余りの歳月を費やして明治28年12月,司法省として竣工されました。その後,戦災のため焼失したため,昭和23年から同25年にかけて復旧工事を行いました。平成6年12月27日には重要文化財に指定されました。

  

東京駅

東京の表玄関というべきターミナル駅です。 赤レンガ造りの丸の内口駅舎は辰野金吾らが設計したもので、1914年に竣工、2003年に国の重要文化財に指定されています。「関東の駅百選」の認定駅になっています。2007年 丸の内地区の高層ビル建て替え事業と並行して、東京駅の復原工事が行われることとなり2012年(平成24年)10月1日に現在の駅舎が完成しました。

 

東京駅No.1スイーツ

靖国神社

靖國神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社しょうこんしゃがはじまりです。国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊みたまを慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。軍人ばかりでなく、戦場で救護のために活躍した従軍看護婦や女学生、学徒動員中に軍需工場で亡くなられた学徒など、軍属・文官・民間の方々も数多く含まれています。その当時、日本人として戦い亡くなった台湾及び朝鮮半島出身者やシベリア抑留中に死亡した軍人・軍属、大東亜戦争終結時にいわゆる戦争犯罪人として処刑された方々なども同様に祀られています。多くの方々の神霊が、身分・勲功・男女の区別なく、祖国に殉じられた尊い神霊(靖國の大神)として一律平等に祀られているのは、靖國神社の目的が「国家のために一命を捧げられた方々の霊を慰め、その事績を後世に伝えること」にあるからです。靖國神社に祀られている246万6千余柱の神霊は、「祖国を守るという公務に起因して亡くなられた方々の神霊」であるということです。

 

旧近衛師団司令部庁舎

この建物は、明治43年(1910年)3月、陸軍技師 田村鎮(やすし)の設計により、近衛師団司令部庁舎として建築されました。2階建煉瓦造で、正面中央の玄関部に小さな八角形の塔屋をのせ、両翼部に張り出しがある簡素なゴシック様式の建物です。日本人技術者が設計した現存する数少ない遺構として重要な文化財です。昭和47年(1972年)10月に外壁、玄関および階段ホールが重要文化財に指定されました。屋根は大正12年(1923年)の関東大震災後の桟瓦葺から建設当初のスレート葺きに復元されました。



八王子市の写真集



このブログは元訪問販売員のfujigenが営業活動中に

見つけた気になる写真を公開するために開設したものです。

今回は八王子市の特集です。

写真素材【PIXTA】とフォトライブラリーでも紹介されています。

  

八王子駅北口

昔から織物の町として発展してきた八王子市。 写真は八王子駅北口にある織物をイメージしたモニュメントです。

  

市守大鳥神社 八王子市横山町

市を守護する市神として倉稲魂命が奉斎されたのが、市守神社の創祀であるとされています。 八王子市の指定史跡・旧跡 。 JR八王子駅北口から北に向かう桑並木通りを500mほど進んだ甲州街道との交差点右側にあります。



水準点 八王子市市守大鳥神社

日本の土地の高さ(標高)は、東京湾の平均海面を基準(標高0m)として測られています。東京湾の平均海面を地上に固定するために設置されたのが日本水準原点です。 全国の主要な道路沿いに設置されている水準点の高さは、この日本水準原点に基づいて水準測量により決められ、この水準点がその地域において行われる高さの測量の基準となります。

 

旧陸軍浅川地下壕跡

地下壕は高尾駅の南西に、初沢川に沿った小山の山中に掘られています。規模的には総延長10kmにも及ぶかなり大きなもので、三か所存在します。
浅川地下壕は、当初、陸軍の軍需品備蓄倉庫でしたが、大東亜戦争の末期では零式戦闘機で有名な中島飛行機の地下工場に利用され、実際に戦闘機のエンジンが製造されていました。
地下壕はイ地区、ロ地区、ハ地区の3ブロックが造られました。しかし、このあたりの住宅開発の影響や、地下壕の老朽化などから、今ではイ地区だけが内部を公開されています。 その他の地下壕は残っているのですが、住宅や施設の直下にあることから、市は崩壊しないように埋め戻したそうです。 ただし個人では見学できませんので「浅川地下壕の保存を進める会」で月に1回見学会をやっていますのでここで申し込みをします。

 

旧陸軍浅川地下壕跡

 

旧陸軍浅川地下壕跡

 

米軍機機銃掃射跡 高尾駅

今なお当時のまま残されている中央線高尾駅1番線ホームの米軍戦闘機 P-38の機銃掃射跡です。近くにもう一ヶ所所あります。

 

米軍機機機銃掃射跡

 

大和田橋に残る米軍機焼夷弾跡

甲州街道の浅川にかかる大和田橋に残されている焼夷弾跡です。この橋には両サイドの歩道にこのほかにも何か所も残されています。

  

多摩御陵 八王子市

大正天皇、昭和天皇が眠る墓地です。またパワースポットとして人気もあります。パワーの強さは明治神宮以上と言われています。ちなみに明治神宮は明治天皇が祀られています。昭和天皇陵ができてから武蔵陵墓地と改名されましたが古くからの呼び名、多摩御陵といわれることが多いです。八王子八十八景にも選ばれる景色のきれいな広々とした敷地にあります。

 

多摩御陵参道 八王子市

 

昭和天皇武蔵野稜

 

大正天皇 多摩御陵

 

多摩御陵参道

 

多摩御陵参道歩道 

 

多摩御陵参道

 

多摩御陵参道

 

多摩御陵参道

 

多摩御陵参道

 

多摩御陵参道

  

多摩御陵警備派出所

  

水枯れの浅川上流 



日野市の写真集

このブログは元訪問販売員のfujigenが営業活動中に 見つけた気になる写真を公開するために開設したものです。 今回のテーマは日野市の写真です。 写真素材【PIXTA】フォトライブラリーでも紹介されています。

日野宿本陣跡

日野宿本陣は都内で唯一残る江戸時代に建てられた本陣建物です。ここには 近藤勇や沖田総司、山南敬助らが訪れ、日野出身の土方歳三・井上源三郎らを交えた新選組 ゆかりの場所となっています。

甲州街道日野宿跡

日野宿(ひのじゅく)は甲州街道の5番目の宿場町です。日野市の前身にあたります。 宿場町として整備されたのは1605年(慶長10年) です。

日野八坂神社

御祭神:素盞嗚尊 。 五穀豊穣・疫病除け・子孫繁栄に霊験 ありとされます。新選組ゆかりの神社で もあります。

日野八坂神社

日野市中央図書館

八幡神社の敷地内にある図書館です。日野市豊田。

日野市中央図書館

日野市坂西横穴古墳群

JR東の中央本線の日野駅から南に徒歩8分の線路脇で、1974年に道路建設工事中に発見された坂西横穴墓群です。

東京湧水100選 黒川清流公園

日野にはわき水が100箇所以上あるといいます。 その中でも横綱は黒川清流公園。 黒川の呼び名で親しまれています。

日野市 黒川清流公園

UR多摩平の森

JR中央線 豊田駅が最寄駅のUR多摩平の森団地です。特別快速快速停車駅で新宿駅まで31分、東京駅へは45分で移動が可能です。駅から団地の入口までは最短12分ほどです。豊田駅周辺にはスーパーマーケットの「西友」や主要銀行がいくつかあります。また、近年豊田駅南側は再開発が進んでおり、北側には団地と隣接して「イオンモール多摩平の森」が2014年に誕生しました。図書館も隣接しており生活環境の整った団地です。

多摩平の森

多摩平の森は東京都日野市に存在した旧多摩平団地の跡地を中心とする再開発地域です。 旧多摩平団地の樹木をそのまま活かした景観が素晴らしいです。UR団地をはじめイオンモール、スポーツクラブ、公園、保育園、マンション再開発などが行われています。

多摩平の森公園

多摩平の森団地

多摩平の森団地

宿り木 多摩平の森

高幡不動尊

新撰組土方歳三のゆかりのお寺です。 真言宗智山派別格本山、高幡山明王院金剛寺は古来関東三大不動の一つに挙げられ高幡不動尊として親しまれています。 写真は「五重塔」です。

高額当選宝くじ売り場 高幡不動駅

若宮神社参道 日野市東豊田

若宮神社本殿

御祭神 仁徳天皇(にんとくてんのう) 猿田彦命(さるたひこのみこと) 大山咋命(おおやまくいのみこと) 応神天皇(おうじんてんのう) 菅原道真公(すがわらみちざねこう)
初詣には参拝客を迎える篝火や甘酒が振舞われ、豊田商店会、豊田若宮神興会の人達の協力で、毎年賑やかに行われています。JR中央線豊田駅下車徒歩10分 。

若宮神社

東光山地蔵院 日野市豊田

真言宗豊山派のお寺です。正面に右からなで地蔵尊延命地蔵尊慈母観音菩薩のお地蔵様が3体並んでいます。

東光山地蔵院  日野市豊田

東光山地蔵院 日野市豊田

水車堀公園

日野の原風景の一部である水車小屋を復元した公園です。 所在地  日野市新町3丁目

シェアハウス

日野市多摩平にある外国人学生を中心にしたシェアハウスです。

貸農園 家庭菜園

貸農園 家庭菜園

UR多摩平の森

多摩平の森団地

引っ越し作業 多摩平の森団地

多摩平の森公園

多摩平の森公園

多摩平の森団地

多摩平の森緑地

多摩平の森緑地

多摩平の森公園

多摩平の森公園

多摩平の森公園

多摩平の森公園

多摩平の森公園

多摩平の森公園

多摩平の森団地

多摩平の森公園

多摩平の森公園

多摩平の森公園

多摩平の森団地

多摩平の森団地

多摩平の森団地

UR多摩平の森団地

UR多摩平の森

休憩設備 多摩平の森公園

日野市多摩平の森

多摩平の森団地 植樹管理

宿り木 多摩平の森公園

多摩平第一公園

テニスコートや軟式野球場を併設した面積24,680平方メートルの公園です 。 JR中央線豊田駅北口から徒歩10分

防災無線 日野市豊田

待合室 豊田駅

非常停止ボタン 豊田駅

コインパーキング 日野市

携帯電話機用中継アンテナ日野市

携帯電話機用中継設備日野市

光回線日野市

伐採 多摩平の森

マンション工事現場 多摩平の森

マンション工事現場 多摩平の森

マンション工事現場 多摩平の森

マンション工事現場 多摩平の森

マンション工事現場 多摩平の森

八坂神社

日野宿本陣

妖精 天使 フェアリー



このブログは元訪問販売員のfujigenが営業活動中に

見つけた気になる写真を公開するために開設したものです。

今回のテーマは妖精、天使、フェアリーです。

写真素材【PIXTA】フォトライブラリーでも紹介されています。

 

天使

天使は別名エンジェルともよばれています。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖典や伝承では読んで字のごとく神の使いとされています。 日本的に訳せば神様の眷属とされますでしょうか?眷属とは神様の意思を現世に反映してご利益を与えてくれる中間役の神様の役目を担っていると言われます。具体的には龍や天狗、狐、蛇(霊界に住む動物です)などです。



妖精

妖精とは、西洋ではフェアリーとも呼ばれ西洋の伝説・物語などでよく見られます。自然物の精霊と言われその中には羽があり飛び回っている写真なども公開されています。小柄で可愛らしい存在として描写されていますが、その他の伝承においては、天使のように荘厳であったりする存在として描かれることもあります。

 

エンジェル

 

高額当選宝くじ売り場 高幡不動駅

天使

 


横浜山手地区教会

IMG_1835_result.JPG

横浜元町

このブログは横浜元町の写真を特集したものです。 写真素材【PIXTA】フォトライブラリーでも紹介されています。 但し黒文字タイトルの写真は紹介されておりません。

横浜元町

1859年の横浜開港までは半農半漁の村でしたが、1860年2月の横浜開港に伴って立ち退いた旧横浜村の住民がこの地に移住したことで「横浜元町」と呼ばれるようになりました。明治維新の頃には外国人向けの商店街として栄え、「元町」と改称されました。 開港後の山下町に外国人居留地が、山手に山庭園居留地がそれぞれ設けられ、両地区を結ぶ場所にあった元町通りは、居留者らが日常的に多く行き交うところとなり、外国人を相手にした商売が盛んに行われるようになりました。明治以降居留者がさらに増え、ベーカリーショップや女性に人気のニューファッションショップ「元町ゼラール」などの洋服店、洋風家具店などが軒を連ね、文明開化を支えました。これが今の元町商店街の原型となっています。
横浜元町にテレビ通販で大人気の元町ゼラール公式通販サイトがついに オープンしました! 素材から縫製までこだわったアイテムをリーズナブルな 価格でご提供する、 大人の女性向けのファッションブランドです。  

横浜元町入口

元町商店街

女性に人気のニューファッションショップ「元町ゼラール」の 公式通販サイトの並ぶ商店街

 

元町商店街

 

元町商店街

 

元町商店街

元町入口

横浜 関内



このブログは元訪問販売員のfujigenが営業活動中に

見つけた気になる写真を公開するために開設したものです。

今回は横浜関内の写真集です。

写真は 写真素材【PIXTA】フォトライブラリーでも

紹介されています。  

 

馬車道通り

  

馬車道駅 みなとみらい線

みなとみらい線は東急東横線と横浜駅にて相互直通運転を行い、運行体系も一本化されています(さらに東急東横線は東京メトロ副都心線を経由して、東武東上線および西武有楽町線・西武池袋線に直通しています)

  

馬車道通り

馬車道通りは関内の桜木町寄りにあります。この道路は、幕末に開港したことから始まりました。幕府は横浜を開港させ、「吉田橋」に関門を設けました。そのときできた関門に開港場側から至る道が馬車道です。煉瓦で舗装された道や実際にガスを燃やしているガス灯の街路灯など、当時の面影を感じさせる物が設置されています。また、関内には近代洋風建築が残っており、この馬車道にも何棟か残っています。

  

馬車道通り

  

馬車道通り

  

馬車道通り

  

馬車道通り

  

馬車道通り

  

馬車道通り

  

馬車道通り

 

コインパーキング横浜市中区

  

馬車道通り

  

馬車道通り

  

馬車道通り 神奈川県立歴史博物館

神奈川県の歴史に関する博物館です。馬車道に面しています。最寄り駅はみなとみらい線の馬車道駅です。 1968年(昭和43年)に神奈川県立博物館として開館。横浜で貿易商をしていた丹波恒夫の浮世絵コレクション6000点以上などを所蔵しています。 建物は、歴史主義建築に属する明治30年代における代表的なドイツの近代洋風建築の影響を強く受けた建造物です。

  

馬車道通り

  

馬車道通り

 

横浜スタジアム

横浜DeNAベイスターズの本拠地として使用されています。 1978年3月、老朽化した横浜公園平和野球場の跡地に竣工。同年より、川崎球場(現:川崎富士見球技場)から移転した横浜大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)の本拠地と なっています。

 

キャラクターグッズ 週間ランキング




弁天通り

  

神奈川県立歴史博物館

神奈川県立歴史博物館は、旧横浜正金銀行の本店として1904(明治37)年に建てられたネオ・バロック様式の旧館部分と、1967(昭和42)年の神奈川県立博物館の開館にあたり増築された新館部分とからなっています。旧館部分の外観は建築当初の姿をそのまま残し、1969(昭和44)年に国の重要文化財の指定を受けています。さらに、1995(平成7)年には、近代における我が国の産業経済の発展を支えた重要な遺跡として、国の史跡指定を受けました。

みなとみらい地区(その2)



 

このブログは元訪問販売員のfujigenが営業活動中に

見つけた気になる写真を公開するために開設したものです。

今回はみなとみらい地区(その2)の写真集です。

写真は 写真素材【PIXTA】フォトライブラリーでも

紹介されています。

 

大型客船 大さん橋

岸壁の長さ450mの大型さん橋です。長さ300m級の大型客船が両サイドに同時2隻着岸できます。写真奥は長さ290m、115,875トンのイギリス船籍のダイヤモンドプリンセスと手前は日本最大級の飛鳥Ⅱ長さ240m,50,142トンが同時入港した時の写真です

  

大型客船

  

大型客船

  

大さん橋

岸壁の長さ450mの大型さん橋です。長さ300m級の大型客船が両サイドに同時2隻着岸できます。

  

大型客船

  

飛鳥Ⅱ 大さん橋

  

飛鳥Ⅱ

  

象の鼻パーク

開港150周年を記念してオープンした開放感抜群の公園です。開国博Y150マスコットキャラクター「たねまる」を御影石で復元した記念碑もあります。
アートスペースを兼ね備えたレストハウス「象の鼻テラス」ではイベントなどの文化プログラムを定期的に開催しています。

  

タグボート

  

大さん橋

岸壁の長さ450mの大型さん橋です。長さ300m級の大型客船が両サイドに同時2隻着岸できます。写真は奥が長さ290m、115,875トンのイギリス船籍のダイヤモンドプリンセスと日本最大級の飛鳥Ⅱ長さ240m,50,142トン(手前)が同時入港した写真です

  

  

大型客船

岸壁の長さ450mの大型さん橋です。長さ300m級の大型客船が両サイドに同時2隻着岸できます。写真は奥が長さ290m、115,875トンのイギリス船籍のダイヤモンドプリンセスと日本最大級の飛鳥Ⅱ長さ240m,50,142トン(手前)が同時入港した写真です

  

大型客船

  

港湾局マンホール

 

 

みなとみらい地区

  

みなとみらい地区

 

みなとみらい地区

  

臨港パーク

 

臨港パーク

臨港パークは、みなとみらい地区の最大緑地です。広々とした芝生広場、潮入りの池、ゆるやかにカーブする水際線やみなとみらい地区のビル群を望むベストスポットのアーチ橋、公園内を華やかに飾るオブジェなど、見所満載の憩いのスペースです。

 

臨港パーク

  

臨港パーク

 

みなとみらい地区

 

みなとみらいぷかりさん橋

1991年、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル・パシフィコ横浜の正面(海側)に日本初の浮体式ターミナルとしてオープンしました。正式名称は「みなとみらい桟橋・海上旅客ターミナル」です。また浮体式のため、桟橋だけでなくターミナルの建物も海上に浮いており、正確には船舶(係留船)という扱いになっています。ぷかりさん橋の名称は全国公募によるもので、桟橋が浮体式の構造であることから付けられました。

 

みなとみらい地区

 

シーバス

横浜駅東口乗り場からベイエリアの名所を海から眺めながら横浜の主要観光地を移動できる海上バスです。ちなみに海上のバスを表す「SEA BUS」ではなく、横浜駅東口(帷子川)河口の淡水と海水域を行き来していることから、魚のスズキの意味である「SEA BASS」と表記しているそうです。

 

みなとみらいコスモワールド

よこはまコスモワールドは、みなとみらい地区にある都市型遊園地です。高さ112.5m、480人乗りの世界最大級の観覧車「コスモクロック21」がシンボルになっています。入園無料の園内には約30種類のアトラクションがそろっています。「ワンダーアミューズ・ゾーン」「ブラーノストリート・ゾーン」「キッズカーニバル・ゾーン」の3つのゾーンからなり、ジェットコースターや急流すべりも楽しめます。みなとみらい21地区の中心に位置しています。

 

みなとみらいコスモワールド

 

みなとみらいコスモワールド

 

芸能人グッズランキング

みなとみらいコスモワールド

 

みなとみらいコスモワールド

  

みなとみらいコスモワールド

 

コスモワールド

コスモワールド

 

コスモワールド

 

コスモワールド

 

コスモワールド

 

コスモワールド

 

みなとみらい地区

 

みなとみらい地区