横浜 関内



このブログは元訪問販売員のfujigenが営業活動中に

見つけた気になる写真を公開するために開設したものです。

今回は横浜関内の写真集です。

写真は 写真素材【PIXTA】フォトライブラリーでも

紹介されています。  

 

馬車道通り

  

馬車道駅 みなとみらい線

みなとみらい線は東急東横線と横浜駅にて相互直通運転を行い、運行体系も一本化されています(さらに東急東横線は東京メトロ副都心線を経由して、東武東上線および西武有楽町線・西武池袋線に直通しています)

  

馬車道通り

馬車道通りは関内の桜木町寄りにあります。この道路は、幕末に開港したことから始まりました。幕府は横浜を開港させ、「吉田橋」に関門を設けました。そのときできた関門に開港場側から至る道が馬車道です。煉瓦で舗装された道や実際にガスを燃やしているガス灯の街路灯など、当時の面影を感じさせる物が設置されています。また、関内には近代洋風建築が残っており、この馬車道にも何棟か残っています。

  

馬車道通り

  

馬車道通り

  

馬車道通り

  

馬車道通り

  

馬車道通り

  

馬車道通り

  

馬車道通り

 

コインパーキング横浜市中区

  

馬車道通り

  

馬車道通り

  

馬車道通り 神奈川県立歴史博物館

神奈川県の歴史に関する博物館です。馬車道に面しています。最寄り駅はみなとみらい線の馬車道駅です。 1968年(昭和43年)に神奈川県立博物館として開館。横浜で貿易商をしていた丹波恒夫の浮世絵コレクション6000点以上などを所蔵しています。 建物は、歴史主義建築に属する明治30年代における代表的なドイツの近代洋風建築の影響を強く受けた建造物です。

  

馬車道通り

  

馬車道通り

 

横浜スタジアム

横浜DeNAベイスターズの本拠地として使用されています。 1978年3月、老朽化した横浜公園平和野球場の跡地に竣工。同年より、川崎球場(現:川崎富士見球技場)から移転した横浜大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)の本拠地と なっています。

 

キャラクターグッズ 週間ランキング




弁天通り

  

神奈川県立歴史博物館

神奈川県立歴史博物館は、旧横浜正金銀行の本店として1904(明治37)年に建てられたネオ・バロック様式の旧館部分と、1967(昭和42)年の神奈川県立博物館の開館にあたり増築された新館部分とからなっています。旧館部分の外観は建築当初の姿をそのまま残し、1969(昭和44)年に国の重要文化財の指定を受けています。さらに、1995(平成7)年には、近代における我が国の産業経済の発展を支えた重要な遺跡として、国の史跡指定を受けました。