横浜市山手地区写真集 その3

テレビ通販で大人気の元町ゼラール

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
有名人、著名人、モデル、読者モデル、ブロガーに愛用者多数!
20代~30代の感度の高い女性に向けて、モノトーンを中心にベーシックな
デイリークローズからエッジの効いたモードスタイルを提案しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

このブログは元訪問販売員のfujigenが営業活動中に

見つけた気になる写真を公開するために開設したものです。

今回は横浜山手地区(その3)の写真集です。

写真は 写真素材【PIXTA】フォトライブラリー でも紹介されています。

  

イタリア山庭園 ブラフ18番館

ブラフ18番館は関東大震災後に山手町に建てられたオーストラリアの貿易商バウデン氏の住宅でした。戦後は現カトリック横浜司教区の所有となり、カトリック山手教会の司祭館として平成3(1991)年まで使用されていました。同年に横浜市が寄付を受け、山手イタリア山庭園内に移築復元し、平成5(1993)年から一般公開しています。 入館料無料。

  

イタリア山庭園 ブラフ18番館

  

山手イタリア山庭園 小さな西洋館の丘

  

イタリア山庭園 ブラフ18番館

  

イタリア山庭園 ブラフ18番館

  

イタリア山庭園 ブラフ18番館

 

    

イタリア山庭園 ブラフ18番館

 

横浜地方気象台

外国人墓地の向かい側に、ブラフ積みの石垣があります。ここに横浜地方気象台があります。庁舎は「あゆみ棟」と呼ばれる1927年の建物です。「風の塔」として親しまれる測風塔には時計が2つあり、昭和初期のモダニズム建築で、アールデコ的もしくは、クラシック的造形の玄関周り、三段に沈むフリーズ的装飾の窓があります。
そして当時のままの板張りのロビーや、階段手すりと大きな柱時計(阿部式電気時計)が出迎えてくれます。
このブラフ積みの石垣と「あゆみ棟」は、2005年11月1日に横浜市の有形文化財に指定されました。 見学料無料。

 

公衆電話機 山手地区

 

イギリス館

1937年に英国総領事公邸として建築されました。明るく開放的な設計と高い天井や重厚なドア、美しい寄せ木の床面など、当時の王室の威厳を感じることができます。 1990年には、横浜市指定文化財に指定されました。 みなとみらい線「元町・中華街」駅下車 6番出口アメリカ山公園口から徒歩6分 。入館料無料。

 

大佛次郎記念館

大佛次郎記念館は港の見える丘公園に隣接した位置にあります。大佛次郎の没後、遺族より蔵書や愛用品などの寄贈を受けた横浜市がそれらを収める施設として、大佛次郎の作品「霧笛」や「帰郷」の舞台となった、横浜市の山手に記念館を建設、1978年(昭和53年)5月1日に開館しました。館内には大佛次郎が収集した文献や雑誌、執筆のための素材や愛用品など、大佛次郎に関する様々な資料が展示されています。入館料大人200円。

  

港の見える丘公園

この一帯は開港当時外国人居留地で、丘の上にイギリス軍、下にフランス軍が駐屯していた場所だそうです。
昭和37年5月に平野愛子さんの歌う「港が見える丘」のメロディーの中、公園の生みの親ともいうべき半井市長のテープカットにより風致公園として開園しました。以来、フランス領事館跡地のフランス山地域、イギリスの総領事官邸であったイギリス館、昭和53年に大仏次郎記念館、昭和59年に近代文学館など文化の香り高い施設が次々とオープン。また同年に人形の家とフランス山を結ぶフランス橋が開通、昭和61年10月には大仏次郎記念館と近代文学館を結ぶ霧笛橋が両館と同じ浦辺鎮太郎氏の設計により開通しています。 山手の観光コースからは外せない公園。展望台から眼下に広がる港や横浜ベイブリッジの風景は最高です。

 

代官坂

「代官坂」は、元町商店街から南の西洋館エリアまで南北にのびる坂道です。かつては「箕輪坂」という名前でしたが、横浜村の名主・石川徳右衛門がこの地に住んでいたことから「代官坂」と呼ばれるようになりました。

コスプレランキング



横浜市山手地区写真集 その2



このブログは元訪問販売員のfujigenが営業活動中に見つけた気になる写真を公開するために開設したものです。

今回は横浜山手地区(その2)の写真集です。写真は 写真素材【PIXTA】フォトライブラリー でも紹介されています。

   

横浜山手西洋館 外交官の家庭園

横浜山手西洋館 外交官の家

ニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使などを務めた明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅として、明治43(1910)年に東京渋谷の南平台に建てられました。 横浜市は、平成9(1997)年に内田定槌氏の孫にあたる宮入氏からこの館の寄贈を受け、山手イタリア山庭園に移築復原し、一般公開しました。そして同年、国の重要文化財に指定されました。 入館料無料。

    

山手イタリア山庭園

明治13(1880)年から明治19(1886)年まで、イタリア領事館がおかれたことから「イタリア山」と呼ばれています。

 

横浜山手西洋館 外交官の家

      

山手西洋館 外交官の家

      

山手西洋館 外交官の家

       

山手西洋館 ブラフ18番館

ブラフ18番館は関東大震災後に山手町45番地に建てられたオーストラリアの貿易商バウデン氏の住宅でした。平成3(1991)年に横浜市が部材の寄付を受け、山手イタリア山庭園内に移築復元し、平成5(1993)年から一般公開しています。 入館料無料。

 

山手西洋館 外交官の家

最初は 1910年に明治政府の外交官・内田定槌氏の邸宅として、アメリカ人建築家の設計により東京都渋谷区に建てられました。
建物は木造2階建てで塔屋がつき、天然スレート葺きの屋根、下見板張りの外壁で、華やかな装飾が特徴のアメリカン・ヴィクトリアンの影響を色濃く残しています。平成9(1997)年に横浜市は、内田定槌氏の孫にあたる宮入氏からこの館の寄贈を受け、山手イタリア山庭園に移築復原し、一般公開、国の重要文化財に指定されました。室内は家具や調度類が再現され、当時の外交官の暮らしを体験できるようになっています。今なお残るガスストーブやステンドグラス、サイドボード等の家具類が歴史を感じさせます。また、付属棟には、喫茶スペースが設けられています。山手イタリア庭園内、根岸線 石川町駅より徒歩6分です。入館料無料。

     

横浜山手西洋館 外交官の家

     

横浜山手西洋館外交官の家庭園

 

横浜地方気象台

外国人墓地の向かい側に、ブラフ積みの石垣があります。ここに横浜地方気象台があります。庁舎は「あゆみ棟」と呼ばれる1927年の建物です。「風の塔」として親しまれる測風塔には時計が2つあり、昭和初期のモダニズム建築で、アールデコ的もしくは、クラシック的造形の玄関周り、三段に沈むフリーズ的装飾の窓があります。
そして当時のままの板張りのロビーや、階段手すりと大きな柱時計(阿部式電気時計)が出迎えてくれます。
このブラフ積みの石垣と「あゆみ塔」は、2005年11月1日に横浜市の有形文化財に指定されました。 見学料無料。

 

横浜山手地区

 

横浜山手地区

     

 

横浜西洋館

 

エリスマン邸

エリスマン邸は、生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人格として活躍した、スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅でした。大正14(1925)年から15(1926)年にかけて、山手町127番地に建てられました。
創建当時は木造2階建て、和館付きで建築面積は約81坪。屋根はスレート葺、階上は下見板張り、階下は竪羽目張りの白亜の洋館でした。煙突、ベランダ、屋根窓、上げ下げ窓、鎧戸といった洋風住宅の意匠と、軒の水平線を強調した木造モダニズム的要素を持っています。昭和57(1982)年にマンション建築のため解体されましたが、平成2(1990)年、元町公園内の現在地(旧山手居留地81番地)に再現されました。入館料無料。

    

山手西洋館 ブラフ18番館

  

ブリキのおもちゃ博物館

ブリキのおもちゃ博物館では、1890年代から1960年代にかけて主に日本で製造された玩具約3,000点を常設展示しています。北原館長が1973年頃から収集したコレクションの一部です。1986年4月にオープンしました。となりのガレージにはクラシックカーも展示してあります。

年中無休。入館料大人200円

  

ブリキのおもちゃ博物館



横浜市山手地区写真集 その1



このブログは元訪問販売員のfujigenが営業活動中に

見つけた気になる写真を公開するために開設したものです。

初回は横浜山手地区(その1)の写真集です。

写真は 写真素材【PIXTA】フォトライブラリーで も紹介されています。

              

横浜元町公園 

横浜の山手地区にある公園です。 園内には、ジェラールの水屋敷跡や山手80番館遺跡など、歴史的に貴重なものが数多くあります。   

IMG_1845_result.JPG

                  

横浜山手西洋館 ベーリックホール

イギリス人貿易商であるB.R.ベリック氏の邸宅として作られた「べーリック・ホール」。1930年に建てられ、2000年まで使用されていました

IMG_1844_result.JPG

                 

横浜山手西洋館  ベーリックホール

IMG_1843_result.JPG

                   

横浜山手西洋館  ベーリックホール

IMG_1842_result.JPG

               

山手景観地区

IMG_1838_result.JPG

              

山手地区教会

IMG_1835_result.JPG

               

山手地区教会   

IMG_1829_result.JPG

  

横浜山手西洋館 外交官の家

最初は 1910年に明治政府の外交官・内田定槌氏の邸宅として、アメリカ人建築家の設計により東京都渋谷区に建てられました。
建物は木造2階建てで塔屋がつき、天然スレート葺きの屋根、下見板張りの外壁で、華やかな装飾が特徴のアメリカン・ヴィクトリアンの影響を色濃く残しています。
平成9(1997)年に横浜市は、内田定槌氏の孫にあたる宮入氏からこの館の寄贈を受け、山手イタリア山庭園に移築復原し、一般公開、国の重要文化財に指定されました。
室内は家具や調度類が再現され、当時の外交官の暮らしを体験できるようになっています。今なお残るガスストーブやステンドグラス、サイドボード等の家具類が歴史を感じさせます。また、付属棟には、喫茶スペースが設けられています。山手イタリア庭園内、根岸線 石川町駅より徒歩6分です。入館料無料。

IMG_1815_result.JPG

               

横浜山手西洋館 外交官の家庭園

IMG_1809_result.JPG

                  

横浜山手西洋館外交官の家

明治政府の外交官・内田定槌氏の邸宅として建設された「外交官の家」。洋館の雰囲気と相まってファンタジー感あふれるスポットになっています



横浜市山手地区

   

横浜市山手地区

  

横浜市外人墓地

横浜開港当時の発展に貢献した19世紀の人々をはじめとし、40数カ国の外国人約4,800人が眠っています 。江戸時代の有名な生麦事件で チャールズ・L・リチャードソンは絶命、深手を負い事件後も横浜に住んだ残り2名のうちマーシャルは11年後に45歳で死亡、もう一人ののクラークは事件の5年後にわずか33歳で死亡しここに埋葬されています。

  

横浜外人墓地

 

大佛次郎記念館庭園

 

大佛次郎記念館

大佛次郎記念館は港の見える丘公園に隣接した位置にあります。大佛次郎の没後、遺族より蔵書や愛用品などの寄贈を受けた横浜市がそれらを収める施設として、大佛次郎の作品「霧笛」や「帰郷」の舞台となった、横浜市の山手に記念館を建設、1978年(昭和53年)5月1日に開館しました。館内には大佛次郎が収集した文献や雑誌、執筆のための素材や愛用品など、大佛次郎に関する様々な資料が展示されています。

 

神奈川近代文学館アプローチ

 

キンドル本ランキング

 

神奈川近代文学館アプローチ

神奈川近代文学館アプローチ

横浜市の「港の見える丘公園」内にあります。 夏目漱石、芥川龍之介、武者小路実篤、川端康成、太宰治、三島由紀夫、吉川英治、山本周五郎にいたる個人作家の展示など数多くの企画展を開催しています。 児童文学、大衆文学資料の収集も視野に入れた近代日本文学を専門とする国内最大規模の資料館です。入館料は一般600円、65歳以上は300円です。

横浜近代文学館アプローチ

イギリス館

1937年に英国総領事公邸として建築されました。明るく開放的な設計と高い天井や重厚なドア、美しい寄せ木の床面など、当時の王室の威厳を感じることができます。 1990年には、横浜市指定文化財に指定されました。 みなとみらい線「元町・中華街」駅下車 6番出口アメリカ山公園口から徒歩6分 。入館料無料。

テレビ通販で大人気の元町ゼラール



━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
有名人、著名人、モデル、読者モデル、ブロガーに愛用者多数!
20代~30代の感度の高い女性に向けて、モノトーンを中心にベーシックな
デイリークローズからエッジの効いたモードスタイルを提案しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

スペシャルアパレルランキング