船と港町 その5


繰り返す大人ニキビを根から断つ

10年間売上げNo.1

グリコール酸とサリチル酸配合 ニキビ肌をむきたてたまご肌へ

ブログ・雑誌などで多数紹介されています!

薬用アシィドローションEXの雑誌・書籍掲載回数224回

 

写真家のfujigenです。

このブログは私が元訪問販売員の営業活動中に

見つけた気になる写真を紹介するために開設したものです。

今回のテーマは船と港町 その5です。

写真は 写真素材【PIXTA】フォトライブラリー

Adobe stock で販売しています

写真をクリックすると見ることができます。

  

1 横浜港 国土交通省専用ふ頭

 

2 国土交通省専用ふ頭

  

3 屋形船

4 横浜港

 

5 シーバス乗り場

横浜駅東口より横浜港内各所を回る連絡船のターミナルです。

  

6 水上タクシー

通称「スイタク」は、みなとみらい周辺を乗船時間に縛られず、自由な時間に貸し切り乗船できます。横浜唯一の水上タクシーです。ボートパークから象の鼻桟橋を繋ぐ航路を運航しています。歩くと約20分かかるところを片道で700円です。 二人で乗れば一人350円で乗れます。

 

7 船舶通行信号 横浜港

横浜航路には、一日約1,100隻の船が出入りしています。
これらの船が安全に航行できるように、海上保安庁信号所のタワーからアルファベットの文字信号を送り、船の交通整理をしています。
また、電波により海上交通の情報を流すなど船舶の安全航行に重要な働きをしています。 ちなみに写真の「F」という表示は15000トン未満の船は出入り自由という信号です

 

8 ボート みなとみらい地区

 

9 護衛艦 いずも

 

10 護衛艦 いずも

  

11 護衛艦 いずも 救命ボート

 

12 護衛艦 いずも

 

13 護衛艦 いずも

 

14 護衛艦 むらさめ

 

15 護衛艦 むらさめ

 

16 護衛艦 むらさめ 救命ボート

 

17 護衛艦 むらさめ

 

18 護衛艦いずも 巡視船あきつしま 

 

19 タグボート

 

20 漁船

  

21 漁港

22 漁船

  

23 漁船

  

24 廃船

  

25 係留船

 

26 屋形船

  

27 屋形船

  

28 屋形船

  

29 小型船

  

30 漁港

 

31 漁船

  

32 廃船

  

33 係留船

  

34 沈没船

 

35 転覆船

  

36 沈没船

 

37 漂流船

  

38 沈没船

  

39 転覆船

  

40 老朽船

 

41 船着き場

 

42 転覆船

 

こんな写真集も読まれています

1、港町と船の写真集
 横浜ベイエリア 70点 329円


2、港町と船の写真集 第2巻
 横浜ベイエリア 68点 321円


3、港町と船の写真集 第3巻
 横浜ベイエリア 69点 319円
 

 

得する情報コーナー

こちらで紹介する案件はすべて無料です。

1,予約転売実践講座

2,メ ルマガアフィリエイトで稼ぐ

3,再現性No1女性でもビジネス初心者でも月30万稼げた方法

4,ワールドアフィリエイト~ネットで月20万円稼いで 自由に生活する方法~

5,小規模ビジネス成功アカデミー

6,未開の投資市場で世界中から利益を取る方法

7,ネットで億稼ぐ秘密を知りたい方へ。36億円の売上にした サイトを公開中。

8,e-book 中小企業のための「WEBマーケティング入門」

9,エスキスの重要性

10,インターネットビジネスで「成功を掴むための8つの法則」 を無料メール講座 でお届け!

11 FBプチリッチ本なか見探索!無料覗き見&プレゼント

 キャンペーン



公共施設と公共事業 その1



  

写真家のfujigenです。

このブログは私が元訪問販売員時代の営業活動中に

見つけた気になる写真を公開するために開設したものです。

今回はは公共施設と公共事業 その1を特集しています。

写真素材【PIXTA】フォトライブラリー Adobe stock

販売しています。

写真をクリックすると見ることができます。

高額当選宝くじ売り場 高幡不動駅

 

高幡不動尊

新撰組土方歳三のゆかりのお寺です。 真言宗智山派別格本山、高幡山明王院金剛寺は古来関東三大不動の一つに挙げられ高幡不動尊として親しまれています。

写真は「五重塔」です。

宝くじ売り場 日比谷公園

 4急速充電スタンド

電気自動車用充電スタンドです

 

コインパーキング

  

パーキングメーター

 7観測井戸 日野市

水源地の湧水の水質検査をするための観測用の井戸です

 

国立大学通り

東京都国立市は1952年、東京都で初めて「文教地区」の指定を受けました。
中央線の国立駅から真っすぐ南へ伸びる南武線の谷保駅までの大きな道が「大学通り」です。

 

駐輪施設

 

10 駐輪施設

 

11 駐輪場

 

12 駐輪場

 

13 PUDO無人宅配ステーション

受け取りも配送も荷物の大きさごとのトレイで楽に安全にできます。ヤマト運輸で荷物を扱う場合はクロネコメンバーズに登録する必要があります。また 利用者がWEBで指示するだけでトランクルームから荷物を配送するサービスもあります。

 

14 郵便ポスト

写真は横浜市中区

 

15 給水設備

日野市

 

16 移動式公共トイレ

国立市

 

17 解体工事

日野市

 

18 解体工事

日野市

  

19 宅地開発

日野市

 

20 宅地販売

日野市

 

21 歩行者安全対策 立川市

 

22歩行者安全対策 立川市

 

23 駅ホーム非常停止ボタン JR豊田駅

 

24 待合室 JR豊田駅

 

25 立川防災センター

首都圏における大規模災害の発生時、空輸による人員・物資の緊急輸送の中継・集積拠点として、自衛隊・消防・警察・DMATなどの援助隊の運用・受入拠点として、南関東地域における災害応急対策活動の中核拠点として機能しています。 滑走路の長さ1200メートルの立川飛行場や、広域災害医療基幹施設の国立病院機構災害医療センターを備え、物資集積や避難場所などに活用可能な国営昭和記念公園と隣接しています。



26 防災無線 日野市

 

27 UR多摩平の森 日野市

 

28 UR多摩平の森団地

 

29 UR多摩平の森団地

 

30 貸農園 多摩平の森

 

31 貸農園 多摩平の森

 

32 消火設備 多摩平の森

 

33 消火栓設備

 

34 消火栓設備 立川市

 

35 消火栓設備 多摩平の森

 

36 日野市立病院夜間受付窓口

 

37 携帯電話機用中継設備

 

38 携帯電話機用中継設備

 

39 光回線

 

40 高圧鉄塔

 

41 高所作業

 

42 休憩施設

43 ビルメンテナンス

 

44 家屋解体工事

 

45 森林伐採

 



46 宅地開発

 

47 宅地開発

 

48 マンション工事現場 多摩平の森

 

49 マンション工事現場 多摩平の森

 

50 マンション工事現場 多摩平の森

 

51 マンション工事現場 多摩平の森

 

52 マンション工事現場 多摩平の森

 

おすすめキンドル本写真集

1、港町と船の写真集

 横浜ベイエリア 70枚  329円

2、港町と船の写真集 第2巻

 横浜ベイエリア 68枚 321円

3、港町と船の写真集 第3巻

 横浜ベイエリア 69枚 319円

 

船と港町 その3

写真家のfujigenです。 このブログは私が元訪問販売員時代の営業活動中に 見つけた気になる風景を紹介するために開設したものです。 今回のテーマは船と港町 その3です。 写真は 写真素材【PIXTA】フォトライブラリー Adobe stock で販売しています。 写真をクリックすると見ることができます。

1 大さん橋埠頭ビル

大さん橋のふもとに在る逆三角形の屋根が特徴的な建物です。この建物が待合室兼桟橋への入り口になります。大型客船用の横浜港国際客船ターミナルではありません。 この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3913_13_12_2019-683x1024.jpg です

2 観光船

3 大さん橋

4 船 横浜港

5 大型客船 大さん橋

6 第3管区海上保安部保安部

7 大型客船 大さん橋

8 大型客船 大さん橋

9 客船 大さん橋

接岸中の観光船

10 タグボート 横浜港

11 横浜港 港湾労働者供養塔

横浜港港湾労働者供養塔は象の鼻パークの東隅、横浜市港湾労働会館に隣接した場所にあります。うっかりすると見落とすような場所に建っています。横浜港を発展させ、横浜港で働き犠牲となった方々の供養のために建てられた慰霊碑です。横浜開港150週年を記念して先人の偉業を顕彰するため設置されました。

12 日本郵船歴史博物館

1993年に日本郵船グループが所有する横浜市中区の横浜ビル内に「日本郵船歴史資料館」として開館しました。2003年に隣接する横浜郵船ビルの1階オフィススペースを改装した上で移転して「日本郵船歴史博物館」として再開館しています。 明治維新から現在の日本郵船までの歴史を展示をしており、そのほかに企画展やイベントも行っています。

13 横浜港

横浜港は、横浜市にある広大な港です。港湾管理者は横浜市です。その広さは鶴見区沖合より金沢区八景島の辺りまで7,315.9ヘクタールの広さをに及びます。国土交通省より「国際戦略港湾」の指定を受けています。千葉港、名古屋港と共に日本3大貿易港。

14 横浜ベイブリッジ

横浜市鶴見区大黒ふ頭と同市中区本牧ふ頭を結ぶ橋として作られました。横浜港湾口部に位置し、上路に自動車専用道路として首都高速湾岸線(平成元年9月開通)、下層部に一般道路として一般国道357号( 2004年(平成16年開通 )を配した上下二層構造の道路橋となっています。 下層部も含めて125cc以下の原動機付き自転車は通行できません。また、歩道が無いため徒歩で渡ることもできません。大黒埠頭側には途中まで歩けるベイブリッジスカイウォークがあります。大さん橋や大黒ふ頭に客船が着岸する土・日曜、祝日を基本として開放し ています。上層部の制限速度は、開通当初は70km/hでしたが、その後80km/hになっています。 橋げたまでの高さが55メートルありますが大型客船(12万トン以上)が航行出来ない為、橋の手前の大黒ふ頭に接岸を余儀なくされています。大黒ふ頭の国際ターミナルは貧弱で周囲には何もなく閑散としています。その為計画として反対側の本牧ふ頭に22万トン級の大型客船が接岸できる国際ターミナル桟橋の建設にとりかかっています。

15 横浜ベイブリッジ

16 横浜ベイブリッジ

フリマ、オークションに出品する前に、適切な金額知りたくありませんか?

17 横浜港 ヨットハーバー

18 横浜港 ヨットハーバー

19 横浜港 ヨットハーバー

20 横浜港 木の港

昭和49年まで貯木場として利用されていました。現在はヨットハーバーとして使われています。

21 横浜港

22 バラ積み船 横浜港

23 バラ積み船 横浜港

24 輸出用重機 横浜港

25 警戒船 横浜港

警戒船は、工事現場の安全を守るために、海のガードマンを乗せて工事現場の近くで、船舶の安全航行を確保するために、警戒業務にあたっています。警戒船には船を動かす船長と、ガードマンの役割を担う警戒員が1チームとなって業務に携わっています。

26 警戒船 横浜港

27 横浜港

28 消防艇飛龍 横浜港

この消防艇は、昭和43年度計画で建造された「ひりゆう」の代船として設計されました。双胴船体に背の高い放水塔を載せて、その上に伸縮式の放水銃を装備するというスタイルは、同船のものが踏襲されています。門型の放水塔は操舵室後方に配されており、伸縮式放水筒のほかに主機・補機の排ガス管も組み入れられています。 322トン全長35メートル

29 消防艇飛龍 第三管区海上保安部

30 巡視艇 第三管区海上保安部

31 消防艇飛龍 第三管区海上保安部

32 巡視艇 第三管区海上保安部

33 巡視艇 第三管区海上保安部

34 消防艇 第三管区海上保安部

35 横浜港

36 大さん橋 横浜港

1894年(明治27年)に完成した鉄桟橋を前身としています。 船舶の巨大化と、大桟橋そのものが設備更新時期を迎え、1989年から大桟橋改修事業が着手され、2002年に新たな大さん橋国際船客ターミナルが完成しました。 構造は地下1階地上2階建の鉄筋コンクリート造となっており、全床面積は44,000平方メートルとなっています。1階は約400台の普通車に対応する駐車場、2階は出入国ロビーとしてインフォメーション・発券所・船客待合場所・店舗・レストランなどを備えています。 また 第1と第2ホールを備え、多目的に利用できるスペースを確保しています。A、Bバースは延長450m、水深12mを備え、C、Dバースは延長450m、水深10〜11mとなっており3万トンクラスの客船は4隻、10万トン級の大きな客船は同時2隻着岸が可能となりました。バリアフリー型渡船橋4基装備により、今後のクルーズ客船増加に対応できる埠頭として整備されています。 建物2Fや屋上床はブラジル産イペを使用したウッドデッキになっており、さらに天然芝の緑地を設けてあります。接岸船舶からの眺望や周辺空間の眺望を遮らないことを考慮し、比較的低層構造となっています。2000年代から横浜市からも積極的な客船誘致を行い、2011年の年間客船入港数は全国港湾の中で9年連続の1位となっています。更に赤レンガ倉庫隣にも大型客船ターミナルの新港埠頭が2019年10月に完成しました。なお横浜ベイブリッジの高さが55メートルの制限があるため12万トン級以上の大型客船は下を通行できません。現在は対岸の大黒ふ頭に着岸しています。対策として本牧埠頭に22万トンクラスの大型客船が着岸できる大型ふ頭の準備を進めています。

37 大さん橋 横浜港

38 横浜港

39 横浜港

40 帆船日本丸

航海練習船として1930年神戸市の川崎造船所で進水しました。その美しい姿から、「太平洋の白鳥」や「海の貴婦人」などと呼ばれています。帆船日本丸は約半世紀にわたり活躍し、1984年(昭和59年)に引退しました。現在航海練習船としての役割は日本丸2世が引き継いでいます。姉妹船として海王丸があります。2017年に国の重要文化財に指定されました。 見学料600円で船内を楽しむことができます。

41 モーターボート ぷかりさん橋

こんな写真集も読まれています

1、港町と船の写真集

 横浜ベイエリア 70点  329円

2、港町と船の写真集 第2巻

 横浜ベイエリア 68点 321円

3、港町と船の写真集 第3巻

 横浜ベイエリア 69点 319円

得する情報コーナー

こちらで紹介する案件はすべて無料です。 1,予約転売実践講座 2,メ ルマガアフィリエイトで稼ぐ 3,再現性No1女性でもビジネス初心者でも月30万稼げた方法 4,ワールドアフィリエイト~ネットで月20万円稼いで 自由に生活する方法~ 5,小規模ビジネス成功アカデミー 6,未開の投資市場で世界中から利益を取る方法 7,ネットで億稼ぐ秘密を知りたい方へ。36億円の売上にした サイトを公開中。 8,e-book 中小企業のための「WEBマーケティング入門」 9,エスキスの重要性 10,インターネットビジネスで「成功を掴むための8つの法則」 を無料メール講座 でお届け! 11 FBプチリッチ本なか見探索!無料覗き見&プレゼント  キャンペーン

船と港町 その1

 

時短&簡単にムダ毛をOFF 

除毛クリーム ラグジーブレア

写真家のfujigenです。 このブログは私が元訪問販売員時代の営業活動中に 見つけた気になる風景を写真にして紹介するものです。 今回のテーマは船と港町 その1です。 写真は 写真素材【PIXTA】フォトライブラリー、 Adobe stock で販売しています。 写真をクリックすると詳細を見ることができます。

1 横浜港

2 船 ベイブリッジ 横浜港

3 岸壁 横浜港

4 船 横浜港

5 船 横浜港

6 横浜港

7 大さん橋 横浜港

明治末期から1970年頃までは「メリケン波止場」と呼ばれていました。現在は横浜港大さん橋国際客船ターミナルと呼ばれており国内および外国航路の客船の主要発着埠頭になっています。桟橋は陸地からの総延長738メートル、桟橋部分は457メートル、幅19.2メートルあります。構造は地下1階地上2階建の鉄筋コンクリート造となっており、全床面積は44,000平方メートルとなっています。1階は約400台に対応する駐車場、2階は出入国ロビーとしてインフォメーション・発券所・船客待合場所・店舗・レストラン等を備えています。

8 氷川丸 山下公園

氷川丸は日本郵船が1930年に竣工させた長さ163メートル、12000トン級の貨客船です。北太平洋航路で長らく運行されていました。太平洋戦争では病院船として運用されていました。戦前より唯一現存する日本の貨客船であり、船内のインテリアなども含めて貴重な産業遺産である為、国の重要文化財に指定されています。船内は入船料300円で見学できます

9 氷川丸 山下公園

10 山下公園 横浜市

11 氷川丸乗船口 山下公園

12 氷川丸 山下公園

13 氷川丸 山下公園

14 インド水塔 山下公園

関東大震災で横浜に在住し被災した在日インド人救済のため、横浜市民が被災インド人への住宅の手当てなど援助の手を差し述べました。その後横浜市民への感謝と同胞の慰霊のために在日インド人協会が山下公園内に建立したのがこのインド水塔です。 この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1598_10_06_2019-1024x683.jpg です

15 第3管区海上保安部 巡視船「あきつしま」

「あきつしま」は基準排水量6500トン長さ150mの日本最大のヘリコプター2機搭載型巡視船です。2015年(平成27年)4月8日~9日の天皇・皇后のパラオ訪問において「あきつしま」が宿泊施設として用いられました。

16 消防艇 飛龍 第三管区海上保安部

飛龍の放水能力は日本最大級。毎分46,000リットルの放水が可能です。

17 警備艇 神奈川県警察

18 横浜港 みなとみらい地区

横浜港は、横浜市にある広大な港です。港湾管理者は横浜市です。その広さは鶴見区沖合より金沢区八景島の辺りまで7,315.9ヘクタールの広さをに及びます。国土交通省より「国際コンテナ戦略港湾」の指定を受けています。日本3大貿易港。

19 ヨットハーバー みなとみらい地区

20 屋形船 みなとみらい地区

21 屋形船 みなとみらい地区

22 遊覧船 横浜港

23 遊覧船 横浜港

24 横浜港ベイエリア

25 横浜港ベイエリア

26 横浜港ベイエリア

27 横浜港ベイエリア

28 波止場 横浜港

29 船 横浜港

30 国土交通省専用埠頭 横浜港

31 水陸両用車発着所 みなとみらい地区

日本丸メモリアルパークの乗車場所からスタートをして関内地区みなとみらい地区(横浜税関や横浜赤レンガ倉庫、コスモワールドなど)の街並みを見ながら陸上を走行します。その後写真にあるスロープからそのままバスを乗り換えることなく進水して大桟橋付近まで海上を航行します。進水はそのまま通常スピードで突っ込むので水しぶきが思いっきり上がり圧巻です。スロープから再上陸して、日本丸メモリアルパーク内で降車という50分のコースとなっています。乗船料は大人3500円です。

32 水上バス みなとみらい地区

33 水上バス乗り場 みなとみらい地区

34 アメリカ橋 汽車道 みなとみらい地区

アメリカ橋は渋谷区の恵比寿にもありますがこちらのアメリカ橋は1907年(明治40年)に、港2号橋梁とともにアメリカペンシルベニア州にあるアメリカンブリッジで製作されたトラス橋です。1909年(明治42年)に当時の鉄道院により架設された[ものです。

35 運河口 みなとみらい地区

36 みなとみらい大橋

みなとみらい大橋は横浜駅東口からみなとみらい地区に入る玄関口の一つとなっています。横浜市西区と神奈川区の区境に位置し、雛子川下流の港湾部に架かる橋です。みなとみらい大通りの一部となっており、車道の他に歩道および自転車レーンも整備されています。歩道が広くとられており、自転車走行レーンも確保されています。また、橋上はみなとみらい地区ポートサイド地区の景色を見渡せるので絶好のビュースポットとなっています。

37 運河 みなとみらい地区

38 船 横浜港

39 掘削船 横浜港

40 横浜 中華街

41 波止場

42 船着き場

43 運河 みなとみらい地区

44 コスモワールド みなとみらい地区

45 ボート みなとみらい地区

46 観覧車 コスモワールド みなとみらい地区

47 コスモワールド みなとみらい地区

48 船 シーバス 横浜港

49 大型客船飛鳥Ⅱ 横浜港

50 大型客船飛鳥Ⅱ 横浜港

日本最大の大型客船飛鳥Ⅱ 全長241メートル,幅29.6メートル、50,142トン、デッキ数8層、旅客定員872人、乗組員470人。横浜港を母港としています。

こんな写真集も読まれています

1、港町と船の写真集

 横浜ベイエリア 70点  329円

2、港町と船の写真集 第2巻

 横浜ベイエリア 68点 321円

3、港町と船の写真集 第3巻

 横浜ベイエリア 69点 319円

得する情報コーナー

こちらで紹介する案件はすべて無料です。 1,予約転売実践講座 2,メ ルマガアフィリエイトで稼ぐ 3,再現性No1女性でもビジネス初心者でも月30万稼げた方法 4,ワールドアフィリエイト~ネットで月20万円稼いで 自由に生活する方法~ 5,小規模ビジネス成功アカデミー 6,未開の投資市場で世界中から利益を取る方法 7,ネットで億稼ぐ秘密を知りたい方へ。36億円の売上にした サイトを公開中。 8,e-book 中小企業のための「WEBマーケティング入門」 9,エスキスの重要性 10,インターネットビジネスで「成功を掴むための8つの法則」 を無料メール講座 でお届け! 11 FBプチリッチ本なか見探索!無料覗き見&プレゼント  キャンペーン

令和元年






 

 

写真家のfujigenです。

このブログは私が元訪問販売員時代の営業活動中に

見つけた気になる風景を公開するために

開設したものです。

今回は令和元年に関係する写真を特集しました。

写真素材【PIXTA フォトライブラリーAdobe stock

販売しています。写真をクリックすると見ることができます。

  

令和元年 赤坂通り

昭和30年代初頭から昭和55年頃までの赤坂は銀座と並ぶ高級な繁華街として栄華を極め、高級料亭、キャバレー、ナイトクラブ、ゴーゴークラブなどが多く集まっていました。永田町に隣接しているため国会議員のお客の多いところです。ナイトクラブは韓国系の経営者が多く夜の赤坂通は韓国語が飛び交っています。露天商などもほとんど韓国系の方々がやっています。露店で売っているスポーツ新聞は日本のものとデザインや配色がまったくおなじで当初日本のスポーツ新聞と勘違いしました。本国の当日の新聞が販売されています。

  

2 令和元年 赤坂通り

  

3 令和元年 赤坂通り

  

4 令和元年 国会議事堂

国会議事堂は 1936年に帝国議会議事堂として東京都千代田区永田町一丁目に建設されました。 建物は左右対称形を成しており、正面に向かって左側に衆議院、右側に参議院が配置され ています。

  

5 令和元年 国会議事堂

  

6 令和元年 国会議事堂

  

7 令和元年 国会議事堂

  

8 令和元年 国会議事堂

  

9 国会議事堂

  

10 令和元年 首相官邸

日本において「官邸」という名がつく施設はこの「総理大臣官邸」だけです。 現在の官邸は2002年(平成14年)4月22日から使用されています。(建設は1999年から2002年まで行われ、2002年に旧官邸より官邸機能を移行しました。) 地上5階、地下1階の鉄骨鉄筋コンクリート構造で、震度7にも耐えられる構造になっています。最上階になる5階には内閣総理大臣、副総理(必要時に任命)、内閣官房長官、内閣官房副長官の執務室、4階には閣議室、内閣執務室、特別応接室が置かれ、この2層に執務機能が集中しています。3階は事務室と玄関ホール、2階にはレセプションホール(大小のホール)と貴賓室が設けられています。1階は記者会見室や記者クラブなど広報関係の施設があります。地階は危機管理センターとなっており内閣府へとつながっている地下トンネルがあります。



 

11 令和元年皇居前広場

皇居前広場は、昭和22年に国民公園となり、一般市民に公開されました。 徳川時代には、この広場一帯には老中職など幕府重臣の屋敷地が立地していました。現在の形に整備されたのは明治39年、日露戦争の凱旋記念を契機にしてのことです。 以来、戦前の時代を通じて、観兵式などの国家的式典の舞台となっていました。 年に2回催される一般参賀の際には、人々はこの広場から二重橋を渡って皇居内に入り新宮殿において 天皇のご挨拶を受けます 。

 

12 令和元年皇居

 

 

13 皇居 和田倉橋

和田倉門は1620年(元和6年)の改築で東北の諸大名により枡形が構築されました。その前にかかる橋が和田倉橋です。 皇居のお濠に架かる橋で江戸時代の「木橋」の姿が残されているのは、この「和田倉橋」と「平川橋」のみです。

 

14 令和元年皇居前広場

 

15 令和元年皇居前広場

 

16 法務省旧庁舎

赤れんが棟は,ドイツ人建築家ベックマンとエンデ両氏の設計により7年余りの歳月を費やして明治28年12月,司法省として竣工されました。その後,戦災のため焼失したため,昭和23年から同25年にかけて復旧工事を行いました。平成6年12月27日には重要文化財に指定されました。

  

17 東京駅

東京の表玄関というべきターミナル駅です。 赤レンガ造りの丸の内口駅舎は辰野金吾らが設計したもので、1914年に竣工、2003年に国の重要文化財に指定されています。「関東の駅百選」の認定駅になっています。2007年 丸の内地区の高層ビル建て替え事業と並行して、東京駅の復原工事が行われることとなり2012年(平成24年)10月1日に現在の駅舎が完成しました。

 

18 靖国神社

靖國神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社しょうこんしゃがはじまりです。国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊みたまを慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。軍人ばかりでなく、戦場で救護のために活躍した従軍看護婦や女学生、学徒動員中に軍需工場で亡くなられた学徒など、軍属・文官・民間の方々も数多く含まれています。その当時、日本人として戦い亡くなった台湾及び朝鮮半島出身者やシベリア抑留中に死亡した軍人・軍属、大東亜戦争終結時にいわゆる戦争犯罪人として処刑された方々なども同様に祀られています。多くの方々の神霊が、身分・勲功・男女の区別なく、祖国に殉じられた尊い神霊(靖國の大神)として一律平等に祀られているのは、靖國神社の目的が「国家のために一命を捧げられた方々の霊を慰め、その事績を後世に伝えること」にあるからです。靖國神社に祀られている246万6千余柱の神霊は、「祖国を守るという公務に起因して亡くなられた方々の神霊」であるということです。

 

19 旧近衛師団司令部庁舎

この建物は、明治43年(1910年)3月、陸軍技師 田村鎮(やすし)の設計により、近衛師団司令部庁舎として建築されました。2階建煉瓦造で、正面中央の玄関部に小さな八角形の塔屋をのせ、両翼部に張り出しがある簡素なゴシック様式の建物です。日本人技術者が設計した現存する数少ない遺構として重要な文化財です。昭和47年(1972年)10月に外壁、玄関および階段ホールが重要文化財に指定されました。屋根は大正12年(1923年)の関東大震災後の桟瓦葺から建設当初のスレート葺きに復元されました。

おすすめキンドル本写真集
1、港町と船の写真集
 横浜ベイエリア 70枚  329円
2、港町と船の写真集 第2巻
 横浜ベイエリア 68枚 321円
3、港町と船の写真集 第3巻
 横浜ベイエリア 69枚 319円
 



日野市の写真集

写真家のfujigenです。 このブログは私が元訪問販売員時代の営業活動中に 見つけた気になる風景を公開するために開設したものです。 今回のテーマは日野市の写真です。 写真素材【PIXTA】フォトライブラリー Adobe stock で販売しています。 写真をクリックすると見ることができます。

1 日野宿本陣跡

日野宿本陣は都内で唯一残る江戸時代に建てられた本陣建物です。ここには 近藤勇や沖田総司、山南敬助らが訪れ、日野出身の土方歳三・井上源三郎らを交えた新選組 ゆかりの場所となっています。

2 甲州街道日野宿跡

日野宿(ひのじゅく)は甲州街道の5番目の宿場町です。日野市の前身にあたります。 宿場町として整備されたのは1605年(慶長10年) です。

3 日野八坂神社

御祭神:素盞嗚尊 。 五穀豊穣・疫病除け・子孫繁栄に霊験 ありとされます。新選組ゆかりの神社で もあります。

4 日野八坂神社

5 日野市中央図書館

八幡神社の敷地内にある図書館です。日野市豊田。

6 日野市中央図書館

7 日野市坂西横穴古墳群

JR東の中央本線の日野駅から南に徒歩8分の線路脇で、1974年に道路建設工事中に発見された坂西横穴墓群です。

8 東京湧水100選 黒川清流公園

日野にはわき水が100箇所以上あるといいます。 その中でも横綱は黒川清流公園。 黒川の呼び名で親しまれています。

9 日野市 黒川清流公園

10 UR多摩平の森

JR中央線 豊田駅が最寄駅のUR多摩平の森団地です。特別快速快速停車駅で新宿駅まで31分、東京駅へは45分で移動が可能です。駅から団地の入口までは最短12分ほどです。豊田駅周辺にはスーパーマーケットの「西友」や主要銀行がいくつかあります。また、近年豊田駅南側は再開発が進んでおり、北側には団地と隣接して「イオンモール多摩平の森」が2014年に誕生しました。図書館も隣接しており生活環境の整った団地です。

11 多摩平の森

多摩平の森は東京都日野市に存在した旧多摩平団地の跡地を中心とする再開発地域です。 旧多摩平団地の樹木をそのまま活かした景観が素晴らしいです。UR団地をはじめイオンモール、スポーツクラブ、公園、保育園、マンション再開発などが行われています。

12 多摩平の森公園

13 多摩平の森団地

14 多摩平の森団地

15 宿り木 多摩平の森

16 高幡不動尊

新撰組土方歳三のゆかりのお寺です。 真言宗智山派別格本山、高幡山明王院金剛寺は古来関東三大不動の一つに挙げられ高幡不動尊として親しまれています。 写真は「五重塔」です。

17 高額当選宝くじ売り場 高幡不動駅

18 若宮神社参道 日野市東豊田

19 若宮神社本殿

御祭神 仁徳天皇(にんとくてんのう) 猿田彦命(さるたひこのみこと) 大山咋命(おおやまくいのみこと) 応神天皇(おうじんてんのう) 菅原道真公(すがわらみちざねこう)
初詣には参拝客を迎える篝火や甘酒が振舞われ、豊田商店会、豊田若宮神興会の人達の協力で、毎年賑やかに行われています。JR中央線豊田駅下車徒歩10分 。

20 若宮神社

21 東光山地蔵院 日野市豊田

真言宗豊山派のお寺です。正面に右からなで地蔵尊延命地蔵尊慈母観音菩薩のお地蔵様が3体並んでいます。

22 東光山地蔵院  日野市豊田

23 東光山地蔵院 日野市豊田

 24水車堀公園

日野の原風景の一部である水車小屋を復元した公園です。 所在地  日野市新町3丁目

25 シェアハウス

日野市多摩平にある外国人学生を中心にしたシェアハウスです。

26 貸農園 家庭菜園

27 貸農園 家庭菜園

28 UR多摩平の森

29 多摩平の森団地

30 引っ越し作業 多摩平の森団地

31 多摩平の森公園

32 多摩平の森公園

33 多摩平の森団地

34 多摩平の森緑地

35 多摩平の森緑地

36 多摩平の森公園

37 多摩平の森公園

38 多摩平の森公園

39 多摩平の森公園

40 多摩平の森公園

41 多摩平の森公園

42 多摩平の森団地

43 多摩平の森公園

44 多摩平の森公園

45 多摩平の森公園

46 多摩平の森団地

47 多摩平の森団地

48 多摩平の森団地

49 UR多摩平の森団地

50 UR多摩平の森

51 休憩設備 多摩平の森公園

52 日野市多摩平の森

53 多摩平の森団地 植樹管理

54 宿り木 多摩平の森公園

55 多摩平第一公園

テニスコートや軟式野球場を併設した面積24,680平方メートルの公園です 。 JR中央線豊田駅北口から徒歩10分

56 防災無線 日野市豊田

57 待合室 豊田駅

58 非常停止ボタン 豊田駅

59 コインパーキング 日野市

60 携帯電話機用中継アンテナ日野市

61 携帯電話機用中継設備日野市

62 光回線日野市

63 伐採 多摩平の森

64 マンション工事現場 多摩平の森

65 マンション工事現場 多摩平の森

66 マンション工事現場 多摩平の森

67 マンション工事現場 多摩平の森

68 マンション工事現場 多摩平の森

69 八坂神社

70 日野宿本陣

おすすめキンドル本写真集

1、港町と船の写真集

 横浜ベイエリア 70枚  329円

2、港町と船の写真集 第2巻

 横浜ベイエリア 68枚 321円

3、港町と船の写真集 第3巻

 横浜ベイエリア 69枚 319円